[弱虫ペダル]真波山岳が鳥肌級にカッコいいから紹介させてくれ

url

 

どーも!

正道(@sunobobaka204)です!

 

ンァ〜!

弱虫ペダルが面白すぎる!!!

そして真波がカッコ良すぎる!

 

今回は!

僕が1番好きなキャラクター「真波山岳」を紹介したい!

 

 

俺、生きてる

url

 

真波と言えばコレ。

「俺・・・生きてる!!!」

 

真波の過去

url

真波は幼い頃、体が弱くて運動に消極的でした。

学校にも行けず、家で好きでもないゲームばかりの日々。

 

そんな真波は、幼馴染で委員長の女の子にこう問いかけます。

「ゲームで刺されても、痛くないんだよね」

「剣で刺された痛みってどういうのだろ」

「委員長って普段から、生きてるって感じてる?」

 

そんな真波を見て、委員長は地元のサイクリング場へ連れていきます。

真波はそこでロードバイクを借りましたが、初めてなので上手く進みません。

 

この時、女の子の委員長にも勝てなかった真波。

真波が初めて”生”を実感した瞬間でした。

そして自転車にハマりロードバイクの道へ。

url

 

 

病気がちで苦しい過去があった真波だからこそ

誰よりも「生」に敏感で執着してるんですね。

 

真波の名言

 

真波は王者「箱根学園」の唯一の1年生。

実力は未知数。

そんな真波が本気を出したのはインターハイ最後のラストステージ。

このラストステージで真波が名言の嵐!!!

 

次なんてない

 

インターハイ最終日の山頂ゴール前。

王者、箱根学園の真波山岳と、総北高校の主人公、小野田坂道。

ついに優勝はこの2人に限られた!!!!!

url

自転車を初めて半年も経っていない主人公、小野田。。。笑

「ゴールへ!皆さんから託されたジャージを!!!」と走る小野田くん。

 

そんな小野田が、予想外のケイデンス(回転数)で真波と戦う。

真波は思わず抜かれるが、すぐに追いつく。

 

その時の真波のセリフ。

真波「やぁ!坂道くん!もっと!走ろう!出し切るまでさ!でないと…勿体無いだろ?」

 

 

「勝負も、チャンスも、人の生も、次なんてないんだ!

次なんてない。これ多分、いまの俺らの、最後の勝負だ!」

 

 

url

 

と最後の勝負を始める!

 

「歩くことだって、できたって事なんだ」

インターハイのゴール前。

真波山岳は、箱根学園のジャージを背負い、富士山にある頂上ゴールを目指します。

 

真波山岳は、クライマー。登りを得意とする選手。

坂を登っていると楽しくてついギアが上がります(化け物)

その脅威的な走りで小野田を引き離して独走する真波。

url

ギアが上がれば上がるほど、もちろんペダルは重たくなる。

 

これまでの人生で、”10段目までギアをあげたら失速する”という事を自分で分かっていた真波。

主将からも「8段目までにしておけ」と言われていました。

しかし、インターハイの頂上ゴール前。

 

「インターハイラストステージ。今日はイケるって感覚が言ってるんだ!」

 

テンションMAXの真波はギアを10段目へ!!!

url

しかし・・・

感覚とは裏腹に悲鳴をあげる足。

足が重い!!??

「さっきまで色鮮やかだった景色は灰色に。。。」

「登りで10段目はやりすぎた…?」

 

やはり10段目は無理・・・・。

 

「呑まれるな!」

「これは脳が体の悲鳴を感じて創り出している幻。

今までやったことが無いことをやるから、当たり前のことなんだ。

人はできなかった記憶を振り払って進んできた。

 

 

歩くことだって、”できた”ってことなんだ。その積み重ねが走るってことなんだ。」

 

自然にできたことじゃ無い。やり遂げてきたんだ

ペダルを回して進むって事だって、やり遂げてきたんだ。

url

 

「次に進む力は自分の中にある!」

url

「イケるはずだ!俺が今、イケるって感じているんだから!」

 

 

「信じて行け!苦痛を乗り越えて次のステージへ行く力は、自分の中にある!」

 

 

10段目をついに乗り越えた時の真波のセリフ。

url

 

真波くんに羽も生えて「こりゃ勝てねー」と読んでいた僕は圧倒されました。

 

インターハイの最後の最後。小野田を引き離しリードして現在1位の真波。

そんな真波が自分で作り出していた限界を越え、次のステージに進んだ。

 

観客も「決まった。今年の優勝は、箱根学園だ!」と思わず声を漏らす。

 

 

「簡単じゃない、なんだって。だから本気でやるんだ!」

 

頂上ゴールまで残り500メートル。

限界を越え、次のステージに進んだ真波。

そして、後ろから必死に食らいつく主人公、小野田坂道。

 

この時、小野田のセリフもすごくいい。

限界を越え、独走する真波の背中を直線で視界に捉えた小野田。

しかし差は絶望的。

普通ならその差を見て足がすくむ。

しかし小野田は、背中が見えて「嬉しい!」と喜んで笑いながら真波の背中を追う!

url

そう、主人公小野田は笑った時の方が、はるかに速い!

 

しかし小野田も、もう限界。

その限界すら気づいていない小野田のセリフが狂気じみていた。

 

小野田「あれ。手が痺れてる…」

 

「まぁいいか!」

url

 

まぁいいか!?

真波くんは色々悟って次のステージに乗り越えたけど、

小野田は「まぁいいか!」って感じで限界を感じず笑って登る。。。笑

 

追いつく小野田。

そこで真波のセリフ。

真波「簡単じゃない。なんだって。だから全力でやるんだ!!!」

url

 

簡単じゃない、なんだって、だから全力でやる。

めちゃくちゃいい言葉。シンプルだけど、その通りだ。。。

2人共かっこよすぎ。

もう同着でゴールしてくれ。。。。

 

終わりに

真波くんカッコ良すぎ。

このラストステージは思わず息をするのも忘れるほど見入ってしましました。

僕もがんばろ、そんな気持ちにさせてくれます。

 

弱虫ペダルのアニメ見放題!

Amazonプライム・ビデオで見放題!年間1500円程度で、映画アニメ見放題&プライムサービス受けれるとかお得過ぎる。。。迷わず登録しました。

 

○真波くんのファングッズがたくさんあったので最後に紹介します!

 

 

 

しかし売り切れ間近なものが多い。。。さすが真波くん。大人気。

コチラの 弱虫ペダルーAmazon
から、売り切れ前のファングッズ探してみてください!

ABOUT ME
正道
名前:高橋正道(マサミチ)職業:学生&冒険者&ブロガー 自転車日本一周/無人島サバイバル生活/スケボー台湾一周/自転車NZ旅 →2018年8月、秘境:知床岬サバイバルに挑戦! アメーバブログでランキング1位を獲得し続けた「正道の日本一周ブログ」がブログ開設のキッカケ。この「正道ブログ」では主にアウトドア、学生生活、毎日3時間以上勉強していた恋愛についての記事を書いてます。 皆さんの毎日の楽しみになるようなブログを目指します! 最近はアフィリエイトなど、ブログでの収益アップも考えています。
合わせて読みたい