[弱虫ペダル]東堂と巻島の箱根山岳賞争いが熱すぎる。

 

 

どーも!

正道(@sunobobaka204)です!

いやー。

自転車ロードレース漫画弱虫ペダルが面白い!

 

弱虫ペダルはいつも僕を鳥肌にして、震えさせてくれます。

 

今回は!

因縁の対決!東堂×巻島の山岳賞争いが熱すぎるので紹介します

 

東堂尽八と巻島裕介

url

東堂尽八

url

絶対王者「箱根学園」のエースクライマー。

登りを得意とする選手。

 

静かに丁寧に登るその姿は山をも眠ると言われる「スリーピングクライム」。

数々の大会で接戦を繰り広げる巻島のことをライバル視している。

ライバルというよりはもはや巻島の彼女。巻島に週に3回くらい電話している。

もはや「巻ちゃん」と呼ぶほど。

 

巻島裕介

千葉の「総北高校」のエースクライマー。

 

 

異様に傾いたダンシング(立ち漕ぎ)で登ることから頂上の蜘蛛男「ピークスパイダー」と呼ばれている。

 

 

 

東堂からのしつこい電話を無視するなど、東堂に冷たい対応をしているが、実力を認めている。

 

 

 

2人の因縁

 

東堂と巻島は数々の大会で出会い、勝負を繰り広げていた。

実力は拮抗しており、お互いに7勝7敗。

 

そして迎えた15戦目のレース。

2人は勝負に燃えていたが、そのレース中、巻島がパンクで勝負できなくなってしまう。

メカトラブル。

東堂は言う。

東堂「巻ちゃん!この勝負はナシだ!次の大会。夏のインターハイで勝負だ!!!」

url

巻島「くはッ・・・了解だ。」

 

 

因縁の対決はインターハイへ。

2人が交わした初めての約束だった。

 

 

東堂は楽しみすぎて、巻島に電話して体調管理の心配をする。敵なのに。

url

 

 

東堂と巻島の鳥肌名バトル

url

 

箱根の山岳リザルト(山頂での一位)を狙う巻島のために、山岳区間でチームを引く役割を与えられた主人公、小野田坂道。

しかし小野田は集団落車に巻き込まれ、最後尾へ。

坂道を失ったチーム総北。坂道の代わりに巻島が山岳区間でチームを引くことになった。

巻島は、チームを引くためチームに残らないといけない・・・。

つまり山岳争いに参加できなくなってしまった。

 

そこへ王者「箱根学園」のクライマー、東堂が現れる。

url

 

ライバルである巻島に、3年生最後の山岳賞を賭けた勝負をしようと持ちかける。

url

東堂「勝負だ巻ちゃぁあぁん!!!!」

 

インターハイ1日目の山。ベストコンディションの2人。

東堂「勝負しようぜ!巻ちゃん。」

巻島「東堂…」

東堂「楽しみだなぁ!巻ちゃん。この箱根のつづら折りの頂上。

どっちが先にたどり着くか、このインターハイで決するなんて最高だなぁ!」

 

巻島「東堂…悪りぃ、叶わねぇわ」

 

山岳区間でクライマーがいないチームは、登りでペースを乱してしまう。

小野田がいない今、巻島がチームに残らないといけない。

それを知らない東堂は、なぜ巻島が勝負しないのか分からない。

 

東堂「どう言うことだ!?これは悪い夢か?

巻ちゃん。俺の役割は、この山岳リザルトを獲ることだ。俺はお前を倒して登りたい。

 

最高の舞台インターハイで、その山頂にリザルトラインがあるのなら…

 

だったらそれ、誰よりも速く登りてぇと思うのが、

クライマーじゃねーーーのかよ!!!!

 

 

巻島(このギアをツークリックしたら、加速する。勝負できる。)

巻島も勝負したいんですね。。。

 

巻島「悪りぃ・・・腹壊しちまってな。」

東堂「巻ちゃん!」

 

東堂「踏み出せ目指そう。

なんで叶わない!巻ちゃん!!!!!!

俺たちは3年だ!このインターハイが最後のレースなんだ!

url

 

巻島も死ぬほど勝負に出たい。

しかし、出れない。

ライバルである東堂にこんなに言われても、巻島はチームのために残らないといけない。

 

 

 

箱根学園チームの1人、荒北が言う。

荒北「総北の巻島は出ないんじゃない。出られないんだ。総北にはクライマーが1人しかいない!」

 

東堂は、チーム総北にクライマーがいないことに気づく。

巻島は”出ないんじゃない。出られない”。のだと

 

東堂「なんで1人しかクライマーがいないんだ。それじゃ勝負できるはずないじゃないか。」

東堂は涙をこらえながら山頂へ向け1人で加速。

2人の勝負。最後のインターハイでそれが叶うと思っていた。

しかし叶わなかった。

url

 

東堂の背中を見ることしかできない巻島。

 

巻島「3分だ。3分あれば追いつける。」

巻島は落車したクライマーの主人公、小野田が戻ってくることを信じていた。

 

小野田が戻って来れば、チームを小野田が引いて巻島はフリー。

東堂を追って山岳リザルト争いへ向かうことができる。

 

 

そして、3分きっかり。

クライマーの小野田が奇跡の追い上げでチームに合流!(凄すぎる)

巻島はチームから飛び出て、東堂を追い始めた。

 

たった今、絶好調になった!

 

勝負ができなかった東堂。山頂へ1人独走する。

url

山頂付近の観客から応援の声。

ナルシストな東堂は普段なら黄色い声援には大喜び。

しかし東堂は観客に目もくれない。下を向いて登り続ける。

url

 

人生で初めて

「こんなレース、早く終わっちまえばいい」

とさえ思ってしまう。

 

東堂と巻島にとって、このインターハイ1日目の山岳賞争いはそれほど大事な勝負だったのだ。

 

 

観客「見ろ!誰か後ろから追い上げているぞ!!!」

 

 

東堂「なっ!?」

url

 

しかし、それは巻島ではなかった。

東堂「何期待してるんだ俺・・・俺は全部捨てたんだ!!!」

 

山頂へ向かい引き離す東堂。

しかし後ろからまた歓声が。

 

 

観客「誰か追い上げてきてるぞ!!!!」

東堂「もう振り返らない。俺は山頂に行くんだ!」

 

観客「なんだあの蜘蛛みたいな異様なダンシングは!?」

 

東堂「…蜘蛛みたいなダンシング!?そんなの、1人しかいない…!!!」

url

 

巻島の存在を感じ、振り向く東堂。

 

そこには

巻島「ヨオ東堂!どぉだコンディションは!

俺は今、上げ目に登ってきたからウォームアップは済んでるぜ!」

 

東堂「巻…ちゃん。

オレは…たった今絶好調になった!!!!

url

url

 

そして2人の勝負が始まる!!!!!

 

熱すぎる!!!

終わりに

この男2人の勝負。

2人が勝負にかける想いがビシビシ伝わってきました。

こっちまでなんだか熱くなってくる!!!!

 

東堂と巻島は、この話以降も何度もイチャイチャしてる(笑)ので、そこも面白いです。

男の友情って感じだ!

 

弱虫ペダルのアニメ見放題!

Amazonプライム・ビデオで見放題!年間1500円程度で、映画アニメ見放題&プライムサービス受けれるとかお得過ぎる。。。迷わず登録しました。

 

○東堂&巻島グッズはコチラ

 

 

 

 

ABOUT ME
正道
名前:高橋正道(マサミチ)職業:学生&冒険者&ブロガー 自転車日本一周/無人島サバイバル生活/スケボー台湾一周/自転車NZ旅 →2018年8月、秘境:知床岬サバイバルに挑戦! アメーバブログでランキング1位を獲得し続けた「正道の日本一周ブログ」がブログ開設のキッカケ。この「正道ブログ」では主にアウトドア、学生生活、毎日3時間以上勉強していた恋愛についての記事を書いてます。 皆さんの毎日の楽しみになるようなブログを目指します! 最近はアフィリエイトなど、ブログでの収益アップも考えています。
合わせて読みたい