日本最強船酔い決定戦!「フェリーよなくに」以上のゲロ船現る

 

どーも!

正道(@sunobobaka204)です!

皆さんは「ゲロ船」という言葉をご存知だろうか…?

 

日本中を旅して、ゲロ船含む多くの船に乗って来た僕。

今回は!

僕的日本ゲロ船ランキングをつけていきたい!!!

 

ゲロ船とは

「ゲロ船」とは?

 

もう言葉の通り。

凄まじい吐き気に襲われる船。

 

一般的にゲロ船と恐れられているのは「フェリーよなくに」

日本の最西端の島。与那国島に向かう船のことです。

 

与那国島は風が強い=波が荒い。

そしてその海を航海するんだから揺れる揺れる

 

「汚物処理場」が設けられている程↓

船内はすごく快適なんだけどね。

 

日本ゲロ船ランキング

Comfreak / Pixabay

 

ゲロ船「フェリーよなくに」を含め

日本中の船の中でどの船が酔うのか、船酔いのヤバさを格付けしてみました。

第6位「マルエーフェリー」

鹿児島〜沖縄の那覇間のフェリーです。

鹿児島から那覇まで、24時間かかります。長い航海なのですが、船内は快適。

波が荒い時に少し揺れを感じるくらい。

僕は船酔いしない方なので、全く感じずに船で誰かとお酒飲んでました。笑

大体、一般的な船と同じ程度の揺れ。

青森から函館の船や、屋久島への船、佐渡島への船みたいな。

船酔いする人は少しヤバイし、しない人は大丈夫。

 

第5位「小笠原丸(おが丸)」

世界遺産、東洋のガラパゴスと呼ばれる小笠原諸島へ行く船です。

航海中の海の波打が美しい。

本当に、「波」をどこまでも感じます。

この船、船酔いしやすい人は酔い止めがないとキツイです。

 

滑らかにグワングワン揺れます。何人か死んでました。

この航海も約25時間かかるので、酔い止めないと地獄でしょう…。

酔いにくい僕もたまーに、少し「うっ」となる程度。

あわせて読みたい
小笠原諸島への行き方~船酔い、船内の様子~ 今回は、 僕が日本一周中に訪れた世界遺産の島々”小笠原諸島”への行き方を始め 料金や、25時...
あわせて読みたい
宿泊・ツアー・食費・船賃!小笠原諸島旅行の予算を計算してみた小笠原諸島に行く場合、船賃・宿泊費・ツアー費・食費がかかります。大体の予算をここで計算してみました。...

第4位「ははじま丸」

小笠原諸島、父島に到着後さらに乗船して向かう島、母島。

そこに向かう船です。

 

この船が面白いくらい揺れます。

USJのアトラクションより揺れます。

軽い子供なんか吹っ飛んで海に行くんじゃないかってレベル。

船外は海水でビッショビショ。

船酔いでダウンしてる人多数。

ダウンしている人曰く「酔い止めも効かない」

 

僕の場合、想像の5倍くらい揺れたので逆に楽しくて仕方ありませんでした。笑

第3位「安永観光の波照間高速船」

 

沖縄の八重山諸島をつなぐフェリー。

石垣島を拠点に、様々な島へ行くことができます。

その中で特にヤバイのは、有人島で日本最南端の島「波照間島」へ向かう高速船です。

 

僕が乗船した時期は1月。カーチバイという北風が強く吹く中の乗船でした。

高速船なので、速い速い。

しかしその速さと荒波がぶつかると…。

 

座席にこんな紙が。

「腰椎圧迫骨折の事故が発生しています。」

の文字が。。。

マジかこの船乗ってるだけで事故るのか。

 

「ははじま丸」並みにドッパンドッパン揺れてました。

僕は多分ドッパン揺れ系は大丈夫なんですね。余裕でした。

 

第2位「フェリーよなくに」

ここで登場!「フェリーよなくに」!!!

流石の僕もこの辺からヤバイです。

 

フェリーよなくにの揺れは異常です。

波照間行きの高速船などに比べて大型なんですが、その大型船の甲板まで波が来るわ来るわ。

船がデカイので、ドッパン系の揺れ+グラグラ系のコンボが半端なかった。

さすがゲロ船。

 

僕も最初は動画撮ってツイッターに更新していましたが、途中からダウン。

嘔吐はしないものの、ずっと船内で上を見て寝てました。

途中からこの揺れがものすごく気持ちのいい揺れに感じて爆睡。

船員さんに起こされて船を降りました。

 

 

第1位「貨客カーフェリーはてるま」

 

写真が残ってないです。

この意味わかりますか?

「船酔いしないこの僕が写真を撮る余裕もなかった」という事です。

 

「貨客カーフェリーはてるま」は個人的に最強のゲロ船です。

「フェリーよなくに」よりヤバイ。

 

波照間島へ向かう手段として、高速船と貨客カーフェリーの二択あります。

波が強い時期は高速船は動きません。

僕が乗船した時は、欠便が続いて「何とか貨客カーフェリーなら乗れる」という状況でした。

 

いざ乗船。

最初は フェリーよなくに よりデカイ船内に興奮して

「船の中を探検だぁー!」

と目をキラキラしていました。

 

しかし船が動いた途端に、確かな”嘔吐感”を感じました。

「あ、これはヤバイやつや」

と感じた僕は何とかして酔わない方法を探る…。

 

揺れで気持ち悪くて眠ることもできなかった。ずっと目を開いて変な呼吸しながら寝転がってました。

この船はグワングワン系の揺れを極めています。

船酔いに自信がある方でも、この船だけは注意したほうがいいです。マジで。

 

終わりに

susannp4 / Pixabay

 

僕が乗った船は

・隠岐の島行き

・佐渡島行き

・青森⇄函館

・小笠原諸島

・屋久島行き

・鹿児島⇄沖縄

・石垣⇄八重山諸島(波照間や与那国など)

です。

日本には他にもまだまだ船がたくさん!

あなたの「ゲロ船」があれば是非教えてください。笑

ではまた!

 

ABOUT ME
正道
名前:高橋正道(マサミチ)職業:学生&冒険者&ブロガー 自転車日本一周/無人島サバイバル生活/スケボー台湾一周/自転車NZ旅 →2018年8月、秘境:知床岬サバイバルに挑戦! アメーバブログでランキング1位を獲得し続けた「正道の日本一周ブログ」がブログ開設のキッカケ。この「正道ブログ」では主にアウトドア、学生生活、毎日3時間以上勉強していた恋愛についての記事を書いてます。 皆さんの毎日の楽しみになるようなブログを目指します! 最近はアフィリエイトなど、ブログでの収益アップも考えています。
合わせて読みたい