アルバイト経験談

[新大学生へ]バイトを大量に入れると本当に勿体無いと思う。

mohamed_hassan / Pixabay

 

 

自分では自分のことをバイト戦士と思ってなかったけど

周りから見たらバイト戦士だった。

どーも!

正道(@sunobobaka204)です!

 

 

学生といえばお金がない。

お金がないなら何をする?

そう、アルバイト!

 

でもね、やり過ぎるとマジで辛いです

 

今回は!

アルバイトばかりの学生生活がどのようなものになるのかを伝えたい!

 

 

スポンサーリンク

アルバイト

amigocosmo / Pixabay

 

アルバイト、いいですよね。

責任も少なく(仕事による)社会の一員として働けるいい身分だと思います。

 

学生生活でアルバイトをするというのは凄く良いことだと思います

色んな仕事を経験して、色んな世界を見て、色んな学びがあります。

 

でも、やり過ぎは本当に良くない。

 

日常に差し支えもなく、日常に入れるちょっとしたスパイス程度のアルバイトが最高です。

いいですか、アルバイトが日常になってはいけません。

 

 

体験談

僕は、学生生活の中で、一年中ではないですが

一定の期間アルバイトをめちゃくちゃした時期がありました。

 

朝7時からアルバイト、夕方に終わってそのまま居酒屋バイト。

終わって寝るのが朝の3時過ぎで、3時間だけ寝てまた7時からアルバイト。

その繰り返し。

 

バイト戦士になってしまうと、とにかく自分の時間がない。

 

これが一番辛い。

ゆっくりできる時間も少なく、自分のやりたいことをする時間なんてごくわずか。

バイトが無い日があっても、日頃の疲れで寝てたり家でだらけてることが多かったです。

 

せっかくのデートの日があっても、「家でゆっくりしたい」って気分になるんですよね。笑

さらに僕の場合、友達と連絡を取るSNSでの返事も返さなくなりました。笑

 

目安

一般的なアルバイトで稼ぐとします。

飲食店やホテルや、清掃員や色々。

(ガールズバーなどの高時給や日雇いを除きます)

 

正直、月10万稼ぐので、まぁまぁキツイです。

僕は大学に入ってから、ほぼコンスタントにアルバイトで月10万円稼いでます。

生活費は全てアルバイトなので、それくらいしないと自分の好きなもの買ったり、友達とご飯行ったりできないんですよね。

 

月10万円稼ごうと思ったら、バイトない日を探す方が早い。笑

なので結構な数の友達からの誘いを断ることになります。

8割くらいの「飯行こー」は断りましたね。

月10万〜15万稼ぐと、もはやバイトがない日が片手で数えられます。笑

この辺りから日常に支障が出始めるんですよね。。

 

 

月5万円くらいだと、すごく充実します。

「あぁ、学生だな。よし、この余り余った時間を何に向けようかな( ´∀`)恋愛?勉強?投資?とにかくやってみよう!!!」

みたいな気分になります。笑

バイトも頑張れて、日常も頑張れていい毎日が過ごせるんですよねぇ。

 

 

先輩の意見

アルバイトをしながら、自分のやりたいことができている先輩に意見をもらったことがあります。

 

「アルバイトを無理矢理にでも減らせ。そしたらお金に困るようになる。

限界追い込んでやりたいこともっと頑張る。

するとやりたい事がどんどんできて幸せになるし、それでお金をもらえるくらい成長した。」

 

学生生活とアルバイト、自分のやりたいことを両立できるようになった先輩の意見でした。

確かに一理ある。

 


 

アルバイトばかりで、アルバイトが日常になってきたら、会社員と同じじゃん!!!

と最近思います。

働きづくめの生活は社会人になってからいくらでも(約45年間)できるし、

学生のうちは沢山ある時間を今しかできない事に向ける方がいいんだろうな。

 

でも、何事も経験とは思うので、忙しいバイト尽くし生活も経験しといて損はないかもしれません!笑

ではまた!

 

ad3

-アルバイト経験談