漫画・アニメ・映画

愛が素晴らしい。これを見ずにラブストーリーは語れない!映画「タイタニック」感想

2018/04/12

(url)

 

どーも!

正道(@sunobobaka204)です!

 

皆さん、タイタニックという映画を見たことありますか!?

超超超有名なので、見たことある人がほとんどだと思います。

しかし昔の映画で、今の僕の世代や、僕より下の世代の若者たちは見たことがない人が多いでしょう。

 

タイタニックを見ずにラブストーリーは語れない!!!!

断言します。

見てない人は絶対に見て欲しい。

 

正直、僕はオススメされた時に全く見る気が起きませんでした。

無理やり相手がDVDを借りてきて流し始めたので仕方なく見ました。笑

 

今回は!

映画タイタニックの感想を書いていきたい!

 

 

スポンサーリンク

タイタニック

(url)

映画タイタニックは、実際に存在した豪華客船「タイタニック号」の話です。

 

タイタニック号

処女航海中の1912年4月14日深夜、北大西洋上で氷山に接触、翌日未明にかけて沈没した。犠牲者数は乗員乗客合わせて1,513人(他に1,490人、1,517人、1,522〜23人 1609人など様々な説がある)であり、当時世界最悪の海難事故であった。

その後、映画化されるなどして世界的にその名を知られている。

 

タイタニック号の沈没については、様々な議論が今も繰り返されています。

 

この映画は、そんなタイタニック号の上で出会った自由人主人公ジャックと、貴族の娘ローズのラブストーリーです。

 

貴族のローズが、自由人でカースト最下位のジャックと出会い、

様々な壁を乗り越えて恋をする。

しかし、突如と沈み始めるタイタニック。

極寒の北大西洋に沈む船の上で起きる壮大なラブストーリー。

 

それがタイタニック!

 

 

 

 

ジャックとローズの愛

 

主人公「ジャック」

url

ヒロイン「ローズ」

url

 

2人の出会い

主人公ジャックはタイタニック号が出発する直前、博打で大金を稼いで乗船のチケットを手にします。

一方ローズは、貴族待遇で乗船。

 

2人が船で交わることは、本来ならあり得ないでしょう。

 

ローズは貴族である自分の決まりきった日常に飽き飽きしていました。

家のために結婚相手を決められ、周りを見渡してもしょうもない人間ばかり。

自分はまるで籠の中の鳥。

 

思いつめたローズは船から飛び降りようとします。

 

そこで主人公ジャックの登場。自殺するローズを引き止めます。

これが2人の出会い。

 

2人の愛を表す最高のシーン

2人は会っていくうちに惹かれ合い、恋をします。

 

しかし、そんな順調に思えた2人の前に、タイタニック号が沈没するという事態が発生。

 

乗客はパニック。

数が少ない救命ボートに乗客が殺到。

 

「まずは女や子供から」

と女性や子供が救命ボートに乗って沈むタイタニック号を脱出します。

url

 

そこで主人公ジャック

「君は乗れ、僕は後で違うボートで必ず脱出する」

とローズを救命ボートに乗せます。

 

ここが僕的には名シーン。

実は助かる方法がないジャックだが、助かるローズを見て安心そうに見つめる。

ローズは不安そうに船に残るジャックを見つめる。

 

男なら分かるじゃないですか!!!

愛する人を救命ボートに乗せて、自分は残るその覚悟。

「君だけは生きろよ」と思っちゃう。

愛する人を見送ったら、「さて、俺はどーしよっかね。よし!絶対またローズと会うんだ!生きるぞ!」みたいに思うんでしょうね、俺なら。

 

音もなく表情だけの見つめ合うシーンですが、2人とも名演技。

 

しかし

 

ここで、まさかの

ローズが救命ボートからタイタニック号へ飛び戻る

url

 

それを見たジャックは「何やってんだローズ!!!」と走り寄る

このシーン。僕も思わず「何やってんだローズ!!!」となりました。

あのまま救命ボートに乗ればローズは助かるわけですから。

僕やジャックからすれば、愛する人がせっかく助かると思ったのに、戻ってくるんですから。

 

「死ぬときは一緒って言ったじゃない」

と言って抱きついてくるローズ。

 

ちょっ。お前っ!!!!

こんの!!!愛しいやつめ!!!!!!

僕はもちろん、涙がドバー

 

ここに2人の真っ直ぐな愛があった。。。

 


 

まだまだ書きたい!

が、これ以上書くと止まらない

映画全てのネタバレをしてしまうでしょう。。。

 

他にも、演奏家たちがパニック状態の乗客のために演奏するシーンとか、感動する場面がたくさん。

正直、映画であんなに泣いたのはタイタニックだけ。

 

間違いなく僕の人生の中で最高な映画です。

 

見てない人は絶対、見たことある人ももう一度見てみては?

 

今回は「映画タイタニックの感想」感想でした!

ではまた!

 

ad3

-漫画・アニメ・映画