正道の無人島生活

サバイバル知識「無人島での飲み水の確保」

2016/12/27

IMG_9508

(日本一周シリーズ・鹿児島県・与論島)

 

 

どーーーーも!!!!

正道です!!!

 

 

 

さて!!!

無人島で生活するにあたって重要なこと!!!

それは!!!

水!!!!!!

 

飲み水がないとあかんやん!!!!!

 

てことで、無人島でいかに飲み水を確保するか調べてみたのでここに書きます。

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク

無人島での飲み水確保

 

まず海水は飲んじゃダメ

無題

実は、、海水は飲んだらダメです

よく海とかで間違って飲んじゃうことが多いと思いますが、飲めることには飲めるんですが

水の塩分を尿で体の外に排泄しようとするために、海水を飲んだ量よりも更に多くの水が必要になるので、海で遭難したとしても決して海水を飲んではいけません。血液や尿も海水と同様です。

という理由で生活していくために飲むことは危険かと。

 

ちなみに食事を消化するのにも水分がいるため、食事もとりすぎには注意です。

 

 

 

 

飲み水の作り方

 

①濾過

1 底を切り取ったペットボトルを、さかさまにしてつるす。
2 そのペットボトルの中に小石・木炭(焚き火の燃え残り)、
砂か小砂利、丸めたバンダナの順番で入れる。
(一番下が小石、バンダナが一番上)
3 フタに小さな穴をあける。
4 濁った水を入れる。
5 たまった水を約10分間煮沸して、飲み水にする!

 

これはなんだか聞いたことあるなぁ!

 

②朝露で集める

IMG_0750

1.ひざ下に綺麗な、または汚れの少ない布を巻き付ける
2.朝露に濡れた草むらを歩きまわる
3.布に染み込んだ水を容器に絞る

※布はなるべく水を吸収しやすい物
※大人であればおよそ30分で500ml程度の水が溜まる

 

これは知らなかった!!!!

朝露アリ!!!

 

③青草から集める

IMG_4324

1.青々とした草をビニール袋にたくさん入れる
2.太陽光の下に置く
3.袋の底に草から蒸発した水分がたまる

 

これも簡単そう!!!

アリ!!!!

 

④海水を蒸留させる

cocolog_oekaki_2009_06_25_12_49(http://jumbuck.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/06/25/cocolog_oekaki_2009_06_25_12_49.pngより引用)

1.大鍋に海水を入れ、中央にコップを置く
2.大鍋の周囲を濡れタオルで、湯気がもれないようにパッキングする
3.海水を入れた中華鍋を、大鍋の上にのせ、焚き火にかける
4.大鍋の海水から立ち上る湯気が中華鍋の底で冷やされ
鍋の底をつたわってコップにたまる

蒸留した水は、空気が触れないようにし、冷暗所で保存する。
日持ちしないので、少量つくって、その日のうちに使い切る。

 

これやりたいなーーーー!

でも鍋がいる!!!???

 

鍋かぁ、持っていくこうかなぁ、どこまで道具をもっていっていいことにしよう。。笑

 

⑤尿から水分補給

160x227xdcb3a6027101e6fff675501e(http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20120416/88/810438/9/160x227xdcb3a6027101e6fff675501e.jpgより引用)

1.地面に大きな穴を掘る(出来るだけ湿った土が露出するまで)
2.真ん中に容器を置く
3.尿を容器の回りにする(容器には絶対に入れないように)
4.夕暮れになったらビニールシートを穴の上にかぶせる(飛ばされないようにコーナーに石を置く)
5.水受けの容器から10~20cm離れるように真ん中に石を置く
6.昼間の日照時間に太陽光線によって尿を土から蒸留させる

これはちょっと嫌だな…

自分の尿なら許せる…か??汗

 

 

スポンサーリンク




 

とまぁ…無人島でできる飲料水確保はこんなものでしょう!!

 

こんなん↓あれば上級者というかなんというか

上に書いてあるようなことせずに済みますが。笑

 

 

 

ではでは、今回は水の確保編でした!!!

 

また!!

ad3

-正道の無人島生活
-