自転車NZ旅[第4話]さようなら、正道。

 

 

どーも!

正道(@sunobobaka204)です!

 

日焼けが黒いじゃなくて、もはや赤いです。どうせなら黒くなりたい・・・。


 

ニュージーランドで9252km越しの再会を果たしたリュータローさん。

再会の夜にニュージーランドのビールとワインで乾杯。

異国の地で2人は語り合う。そして、僕はある決断をするのだった。

 


 

その男、リュータロー

 

ブログは3日目の夜からの続きです。

120km自転車で走りハミルトンに到着した僕。久しぶりの長距離走行、しかも40kg越えの自転車で体は満身創痍。

連絡があったリュータローさんとはハミルトンのスーパーで待ち合わせしていた。

 

リュータロー「正道くん!久しぶり!」

 

その声に振り向くよりも前に、”久しぶり”という言葉に違和感を感じた。

あれ、会ったことあるっけ?

振り向いた先にいた姿は、確かに見覚えがある。。。

 

実は、日本一周中に広島県で出会った人だったのだ。

(日本一周ブログより)

日本一周ブログの出会った人の名前の中にしっかりと「おりたさん」の文字が。これがリュータローさんである。

ちなみに同い年らしい。

でも旅であった人ってなぜか敬語になっちゃう。笑

 

そんなリュータローさんと再会し、今リュータローさんが泊まってるホステルに泊まらせていただけることになった。

なんか建物の中に入って座れるだけで感動した。

 

(ホステルにて。リュータローさん日焼けで黒い・・・笑)

 

リュータローさんは1年休学して、ドイツとニュージーランドでワーキングホリデーをしているらしい。

期間はあと1ヶ月なんだとか。

 

ワーホリをしていただけあって、英語が話せる!すごい!!!

宿の人たちとも話していました。羨ましい。俺も勉強頑張ろう。

 

ホステルのベッド。

ベッドとか最高ですやん。。。

これで変な男5人組に襲われることもないぞ。笑

 

 

晩飯はピザ。1枚3ドルくらい(240円くらい)安い!!

リュータローさんにご馳走してもらいました。ありがとうございます。

さらにビールとクッキー!!!

 

もうね、ビールがうまいんだ!!!!

 

今まで飲んだビールで1、2を争ううまさ。

ビール自体が美味しいというか、体に沁みる感じ。

 

ワインも開けて最高な夜になった。

 

リュータローさんとせっかく会ったのだが、旅について相談した。

一人旅が面白くないこと。これから見る景色や人に全く興味がないことを。

 

リュータローさんは今の生活がすごく楽しいらしく、それが羨ましかった。

僕は何で楽しくないんだろう?何で興味がなくなったんだろう?

 

その土地で働き文化に触れ、休みで旅をしてその国をみる。ワーホリはいい時間の使い方かもしれない。

 

結局日が変わる直前まで話し込んで、ベッドで倒れるように寝た。

 

答え

 

自転車ニュージーランド一周、4日目の朝がやって来た。

 

もちろん僕はベッドで爆睡。

起きたらなんとリュータローさんがそばを作ってくれた。

アジアンショップで買ったんだとか。・・・そんな店があるんだ。

 

このそばも美味しかった。

日本を出て5日しか経ってないが、旅の1日は本当に長く感じる。

5日間は本当に、1ヶ月くらいの感覚なのだ。だから昨日のビールも、今日のそばも、本当に久しぶりな感覚だった。

 

それにしても、朝ごはん作ってくれるリュータローさんの女子力。笑

 

 

チェックアウトを済まし、少し2人で歩く。

これからリュータローさんは北に行くそうだ。

 

絵も描き始めたり、とってもエネルギッシュな人だった。

お互い次に会うのが楽しみだ!

 

そういえば、歩いてる途中に豆がなる木があった。ナンジャコリャ。

 

 

これからヒッチハイクするリュータローさんとお別れ。

色々お世話になりました!

 

 

そして僕は1人自転車で走り出す。

しかし目的地は決まっていない。

次の街、ロトルアを目指すか、旅を終えるか選択しなければならない。

 

リュータローさんに会って、今まさに旅に輝くリュータローさんをみて、話して、自分の頭がだいぶ整理された。

 

 

 

 

 

 

 

 

旅をやめよう

 

一人旅は終わりにしよう。自転車旅も終わりにしよう。

 

自転車日本一周と同じだった。

場所は違うし、文化も人も違う。でも、やってることは同じ。

毎日汗流して自転車で走って、自分と向き合って、自分を越えて、人と出会って話して価値観が広がって・・・。

 

319日間の日本一周と同じ壁にぶつかって、同じ壁を乗り越える。そんな日々。

 

日本一周から出発からもうすぐ3年。

僕は何も成長していなかった。

あの時輝いていた自分を追いかけ、「旅に出れば輝ける」「旅が最も僕を表現できる場所」と、すがるように旅に出ていた。

 

実際、約3年ぶりに、自転車一人旅に出て心の底から感じた。「もう旅は終わったのだ」と。

3年前と同じことを繰り返している自分に悔しさが込み上げた。

あの319日間の日本一周で、僕の旅は終わっていたのだ。

 

僕は決心した。

ニュージーランドに来て初めてだ。こんなに清々しい気持ちになったのは。

 

さようなら。正道

 

昨日ここまで走って来た道を帰り始める。

 

ふと、走った道を振り返りたくなった。今ならまだやめれる。旅を続けることができる。

この振り返りで、旅をやめた自分の決意が試される。その決意が本当かどうかがここに出る。

 

 

振り返った先に見えた道。何も心は動かない。もう、後ろに道はないんだ。

この後ろ道に、今までの自分いる気がして、そこに立ってるような気がした。

 

”卒業後は自転車で世界一周一人旅する!!!”

”人生、ずっと1人で冒険するのもありだなぁ。”

 

そんなことを考えていた自分。

 

正道といえば、旅人。その正道が、振り返った道に立ってるような気がして。

 

さようなら、正道。

 

 

 

旅を続けていたら見ていたであろう景色。

kewl / Pixabay

 

人。

Barni1 / Pixabay

 

またこれらに出会うときがきたら、今度は大切な友人と、家族と、恋人と見に来よう。

「人生はどう生きたかではなく、誰と生きたか」

という、どこかで聞いた言葉が頭をよぎる。

 

別に僕は旅をやめるわけじゃない。でも1人旅は、もうやめる。

旅じゃなくて挑戦は続けると思う。以前やってた無人島サバイバル生活みたいな。

この辺の詳しい気持ちはまたブログで書きます。

 

 

答えを出した僕は、日本に帰国するべく走り出す。

その時のペダルはNZに来て一番軽かった。

 

 

長くなって来たので、この続き(4日目昼以降)はまた、次の記事で!

ではまた!

 

ABOUT ME
正道
名前:高橋正道(マサミチ)職業:学生&冒険者&ブロガー 自転車日本一周/無人島サバイバル生活/スケボー台湾一周/自転車NZ旅 →2018年8月、秘境:知床岬サバイバルに挑戦! アメーバブログでランキング1位を獲得し続けた「正道の日本一周ブログ」がブログ開設のキッカケ。この「正道ブログ」では主にアウトドア、学生生活、毎日3時間以上勉強していた恋愛についての記事を書いてます。 皆さんの毎日の楽しみになるようなブログを目指します! 最近はアフィリエイトなど、ブログでの収益アップも考えています。
合わせて読みたい