正道とは

自己紹介~経歴4「高校生編1」~

2016/07/29

山口県 秋吉台(写真は山口県の秋吉台)

 

どーも!

正道です!

 

今回は僕の高校生時代の話をザックリと紹介します( 一一)

 

スポンサーリンク

高校生時代

 

さてさて、前回の中学生編の終わりでは、

高校受験へ挑むが、直前12月でカードゲーム「バトルスピリッツ」にハマってしまい、受験そっちのけで全国大会予選の広島大会へ参加。

しかし小学生に負けるレベルで惨敗。

次の全国大会(1年後)へ向け闘志を燃やしました。

 

さて、受験は?

 

高校受験は第一志望には落ちたものの、広島新庄高校へ入学。

同時期に家庭でもいろいろあって、広島市内→田舎の山奥へ引っ越すことになったのでそれに合わせて通える高校を選択したのです。

 

芸人と言われた僕がど田舎の高校へと進学。

 

しかし、友達が誰一人としていないので人見知りが発動。。。

入学当時の僕を知っている友人はあの時の僕をこういいます。

 

「あの時の正道は関わったらいけない人かと思った」

「キモ過ぎた。」

「ずっとうんこ我慢しとんかと思った」

 

 

それ程までに人見知りだったのです。。。。

今でこそ、全く人見知りじゃないですが、当時は酷いもんでした。

ちなみに部活は硬式テニス部に入りました。

すぐに友達もできるんですが、入学当初は本当に黒歴史でス。

[PR]


 

女性に興味を持ち始める

 

そして入学してすぐに僕の心を打った光景が広がりました。

 

何か。

 

男子が女子に追いかけられている!!!!!!!!

 

これは衝撃的でした。

目の前で「待ってよ~♡」「待たねーよバカ」

みたいな光景が広がっていたのです。

 

中学生編でも触れましたが、僕は他の男子に比べて女性に興味がない人間だったのです。あの時までは。

 

僕はあの光景を見た瞬間に思いました。

 

俺も絶対女子に追いかけられてやる!!!!!!!!!!!

 

あほですね。

 

それから僕の猛勉強が始まります。

週に2回、3時間ほど「女性にモテるテクニック10」とか「女性が嫌う言葉5選」などサイトを読み漁りました。(今はそのサイトは有料になってました)

 

モテそうな人たち(チャラ男達)に付きまとい、しぐさ、話し方、聞いてる音楽、テレビ、髪のセットの仕方、全てを真似。

これまでテレビも音楽も髪の毛にも全く興味がなっかった僕にしては相当の努力。

 

芸人キャラは全く現れず、ただただ、モテるために。。。

 

そして見事、お世辞なのかいじられているかは置いといて

「かっこいい」

と言われ始めました。

 

その影響もあって幼いころに形成された自尊心もあってか、ナルシストが加速。

とにかくこの時期はチャラ男リスペクトでした。

 

リベンジ!バトルスピリッ全国大会予選、中国地方大会!!

 

この頃、例のカードゲーム「バトルスピリッツ」ですが、

毎月数万円もかけ(持ってるおこずかいの全て投入)、広島県内の地方の大会にも参加しまくってました。

一回福岡の大会へ行ったこともあります。

 

そして見事、地区の大会では優勝もしたりと確実に強くなっていきました。

 

その後迎えた全国大会予選!!

惨敗したあの時から1年、僕は確実に強くなった。

 

自慢のカードたちを手に大会へ、、、

 

 

 

 

 

 

結果は

 

 

 

 

 

敗退

 

 

予選突破し、中国地方のカードバトラートップ7にもなれず。

本当に悔しかった。あともうちょっとだったんですよね。

 

 

その後、バトルスピリッツですが、新しいカードが売られる頻度が多くなり、毎月の出費がかさみ、

 

チャラ男たちとカラオケやボウリングなど、違うお金の消費も増え始め、引退を決意。

あの時のカードは今でも実家に眠っています。



 

退学の危機

 

 

そして高校一年生の12月は終わり、高校二年生へと進級。

 

のはずが

 

まさかの3者面談で大喧嘩。

 

学力がクラスの中で下から5番以内に入ったのです。汗

(僕はやるときとやらない時の差が激しい。。)

 

そんなこともあり担任の先生と、母さんの前で

 

「次の学年末テストでクラスの半分以上の成績を取らないと退学じゃー!!!」

 

と啖呵を切ってしまいました。。。。。笑

 

さてさて、正道は進級できるのか??

そして、女の子に追いかけられたいという夢は叶ったのか??

 

 

それはまた次回の記事で。

ではまた!

 

 

 

 

 

 

ad3

-正道とは