アウトドアの豆知識 日本一周

死にかけた!?日本一周で危険な瞬間とは?[319日の日本一周経験談]

2018/06/10

どーも!

正道(@sunobobaka204)です!

 

319日間の自転車日本一周。

人生最高の時間。毎日が新鮮でキラキラしていて。

自分と戦って、前に進んで…。

 

そんなキラキラ!楽しそう!大冒険!の日本一周。

「危険なことはなかった?」

とよく聞かれます。

 

 

もちろん、ありましたとも!!!!

 

今回は!日本一周の経験や、同じ旅人から聞いた話から、日本一周に潜む危険を紹介します!

 

スポンサーリンク

日本一周に潜む危険ポイント

 

経験談

まずは僕の経験談から紹介します!

 

野宿

 

「日本は治安が良いから大丈夫!」

そう僕も思ってましたが、危ない瞬間がチラホラありました。

 

あれは日本一周確か7日目くらい。

”日本で一番浴衣が似合う温泉街”として有名な、兵庫県の城崎温泉で温泉に浸かった夜のこと。

 

公園で野宿していた僕。

まだあの時は虫が大嫌いで、草の上でテントを張れなかった僕。

なので公園の砂地のど真ん中(草から一番遠い場所)で野宿していました。

 

ブン!!!ブーーーン!!!!

真夜中にバイクのうるさい音で目が覚めます。

 

起きたらテントの中が、まるで昼間のように明るい。

 

そう。

ライトで四方八方から照らされていたんですね。

バイクに乗った若い兄ちゃん達が近づいてきて、すごく怖い思いをしました。

 

結局何もされずにどこかに消えていきました。

 

先日のニュージーランド旅での野宿も、変な黒人達に絡まれて怖い思いをしました。

 

野宿中に絡んでくる人は基本的に、「いい人」か、「警察」かなんですけど、

たまーに怖い人もいるので注意しましょう。

 

これから野宿を考える人向けに記事を書きました!良かったら読んでください!↓

野宿に最低限必要なモノとは?野宿する方法と必需品一覧

 

マシントラブル

 

マシントラブルによる危険もあります。

僕は自転車で日本一周してきましたが、自転車のブレーキが効かなくなって死にかけました。

 

ブレーキのメンテナンスは、日頃からチェックしとくべきなんですが

やっぱり旅が長引くと「まぁ大丈夫だろう」と、しなくなるんですね。

 

しかしそんな時です。

あれは千葉県柏市から東京へ向かっていく最中の夕方。

自動車のライトがつき始める雨の夕方でした。

 

坂を下っていく瞬間。

「あれ、ブレーキが利かない」

結構急な坂だったので、スピードはかなり出ています。雨で路面も滑る。

坂を下った先は交差点。国道でしょう。沢山の車が行き交っていました。

 

”このまま行けば、交差点に飛び出して確実に死ぬ”

 

そう思いました。

あの時は、突然「ポンピングブレーキ」という手法(当時は知らなかった)が閃き、

さらに足で地面をこすりながら、ギリギリで止まることに成功しました。

しかし、下手したら死んでました。危ない危ない。

 

他にも、自転車に積んだ荷物が車輪に挟まるなど。

「もし下り坂、時速60キロ出てる時に車輪に挟まっていたら・・・」

と恐ろしい瞬間もありました。

マシントラブルには気をつけましょう。

 

自然

自然相手にも注意しなければなりません。

日本一周していると、どうしても登山などのアウトドアに挑戦する瞬間がくると思います。

 

そんな登山で、僕が実際に死にかけた瞬間があります。

 

あれは・・・

北海道の美瑛という町で、目の前に見える山を登りたくなった時。

登りたい!!!

と思った僕は同じ宿に泊まった仲間と共に登山へ。

 

 

当時装備も知識もない僕達。

登山道から外れて、「その辺に積もっている雪の上に立ってみようぜ。」と遊んでいました。

 

しかしこの雪の上が危なかった。

雪庇(せっぴ)という現象で、雪がひさしのようになっていたのです。

雪の下は空洞。

奇跡的僕は落ちる瞬間に脱出しましたが、あのまま落ちていたら死んでいたでしょう。

 

 

他にも、登山最中にガス(霧)が発生し、目の前が見えなくなりました。

登山道がわからなくなった僕達。

 

気づけば目の前に、

そう、火口湖がありました。

あと少し進んでいたら、火口湖の急な斜面に足を踏み入れて落下し、死んでいたかもしれません。

あの時ちょうどガスが若干晴れたのが救いでした。

 

登山など、自然を舐めてたらマジで死にかけます。

 

交通事故

 

やっぱり、長期で旅をしていると1回くらい交通事故をします。

しなくても、事故になりそうな瞬間はかなりあります。

 

僕は日本最北端、北海道の稚内市で

車がいきなり横道から出てきて衝突しました。

 

僕は「出てくるかもしれないな」と思って走っていたので上手く避けましたが

その時、たまたま一緒に走っていた旅仲間が激突され、少し自転車が壊れるという結果になりました。

 

他にも、峠のくだり坂でスピードを出しすぎて曲がりきれなかったりなど

事故のケースはあります。

 

交通事故には十分注意しましょう!!!

 

宗教や人間関係

宗教の勧誘に結構頻繁に出くわします。

中には、「自転車は俺の車に乗せてあげるし!」

と言って強引に連れてかれそうになりました。

危険ではないのかもしれないけど、結構強引にくる人は強引にくるので(中には追っかけてくる人も)

注意が必要です。

 

宗教以外に、危険なのはホモおじさん。

結構全国各地にいて、優しくしてくれて気を許したらホモ行為をしてきたり・・・

というケースが多いです。

 

あなたが嫌じゃないならいいんですが、嫌なら気をつけたほうがいいです。笑

 

 

女子が野宿で襲われる?旅人仲間から聞いた話

 

他の旅人の経験談

ここからは旅人仲間から聞いた話をお伝えします。

 

女子野宿旅は危険!?!?

女子で旅をしている人は意外と多いです。

中には野宿をしているツワモノもいます。

 

しかし、女子の野宿は想像通り危険!!!

僕が話した人は、寝袋で寝ているといきなり知らない男に担がれたらしいです。

こっわ!!!!

その時、運良く近くにいたおじさんが駆けつけて助かったとか。

 

女子で野宿する人の中には

「周りから女子だと思われないように、テントで隠す」

という対策をしている人もいました。

 

寝ている間に…アッーー!

これは日本一周バイク旅のお兄さんの話。

その日、お兄さんは長距離を走りきり疲れていたそう。

道の駅のベンチで爆睡していました。

 

朝起きたら、妙なスッキリ感。

すると一緒の場所で寝ていたホームレスのおじさんが近寄ってきて

「あんた、昨日男があんたのトコに行きよったぞ、何かしよったぞ」

と言ってきたそう。

 

つまりソレって・・・。

アッーーー!!!

 

事故で数ヶ月の間、療養

自転車で旅中、直線の多い北海道でハイスピードで飛ばす車に追い越しされたその人。

車の一部がかすって吹っ飛ばされたとか。

ソレが原因で数ヶ月療養している旅人もいました。

 

 

 


 

というように、旅人には危険が付き物。

海外へ旅に行くと、もっと信じられないような危険が待っていることでしょう。

十分に注意しないといけませんね。

 

日本一周の手段

 

 

日本一周に潜む危険と言っても、日本一周の手段や日数によって全然変わってくると思います。

・自転車

・歩き

・車

・バイク

・ヨット

僕が旅中に会ってきた旅人は大きくこんな感じ!

 

僕は自転車日本一周だったので、今回の記事は自転車での危険が主になりましたが、

歩き、バイクや車、ヨットは想像もつかないような危険が待っています。

 

ちなみにヨットの人は、

「ふとした瞬間に海に落ちて、そのまま風で進むヨットに追いつけなくて死亡」

「落雷に囲まれた。海で一番高いのは俺のヨット。ヨットに落ちるかと思った。」

など、マジで怖すぎる危険が潜んでいるようです。。。

 

想像がつく範囲で構いませんので、「何が危険かな?」と、あらかじめ考えて旅に出たほうが絶対いいです。

僕は全く考えなかったので、相当苦労しました。笑

 


 

今回は、日本一周中に潜む危険についての記事でした!

これから旅立つ人の参考になれば幸いです!

ではまた!

 

 

ad r

-アウトドアの豆知識, 日本一周