愛猫ニッパチ日記

ニッパチとの出逢い「夜空の下で命を抱えて」

2016/11/10

img_5624

どーも!

正道(@sunobobaka204)です!

 

今回は、僕、正道とニッパチの出逢いについて書いていきたいと思います!

スポンサーリンク




 

拾われたニッパチ

現在、2016年11月8日。

 

時は遡り

2016年11月6日の夕方。

 

僕のバイト先の店長が

とある駐車場でニッパチを発見した。

 

生後一カ月ほどのニッパチの小さな体が

11月の冷たい風にさらされていて、

親もおらず、飼い主もいないニッパチの姿を見た店長はニッパチを確保。

 

そしてLINEで僕たちに子猫を保護したという連絡が来たのだ。

 

…ニッパチが店長と出逢ってなかったらどうなっていただろうか。

 

 

 

ニッパチの由来

ニッパチという名前は店長がつけた。

 

バイト先が、280円均一で食事を提供しているので

そこからニッパチ。

 

…呼べば呼ぶほど愛着がわくのは僕だけだろうか?

 

 

病院に行くニッパチ

 

保護されたニッパチは、同じバイト先のパートさんが一時的に引き取ることに。

 

そのパートさんが店長が拾ったその日、病院に連れて行ってくれた。

風邪をひいてるらしく、お薬をもらってある程度綺麗にして病院を後にした。

img_5625

そしてその日、ニッパチの話を聞いた僕は

あてのないニッパチを引き取るかを考え始めた。

 

実家に二匹の猫を飼っているので大体はわかる。

飼えるなら飼いたい。

 

丁度1人暮らしで寂しく暮らしていた僕に、一匹の相棒ができるかもしれない。

それは嬉しくてワクワクすることだ。

 

しかし飼うとなると

お金や、今後について色々考えなければならない。

 

覚悟

 

とりあえず、その日は考えることに。

住んでいるアパートの事や、ニッパチについて考えることにした。

 

飼うなんていっても、ワンルームの狭い部屋。

旅に出て家を空けることもある。

僕に飼われてニッパチは幸せなんだろうか。

…なんて考えた。

 

ちゃんと責任をもって命を預かることができるのか。

 

 

色々考えたり確認した結果

飼うことにした。

 

考えたというよりは、覚悟を決めたという言い方が正しいかもしれない。

 

 

夜空の下で命を抱えて

 

次の日。

僕のバイトのラスト終わり(深夜三時ごろ)

パートさんがニッパチを連れてきてくれた。

 

初対面。

小さい体が何とも言えない可愛さを放っていた。

 

お薬と

おしっこしたタオルをもらった。

 

このおしっこしたタオルをトイレに置いて、トイレを覚えさすのだ。

 

まだ僕の家にトイレも何もないのを見越してか

パートさんがトイレマットを一枚くれた。

(今晩のトイレ大丈夫かなぁ。)

 

 

そして

バイト先から、家に連れて帰ることに。

 

ニッパチを段ボールに入れて運ぶ。

バイト先から家は徒歩五分だ。

 

夜空の下で生き物が入った段ボールを抱えて家へと歩く。

 

ニッパチが段ボールから出ようと暴れている。

段ボールから出ないよう、ふたを抑えて小走りで家に向かった。

 

段ボールに入った命がとても重く感じ、

急に不安になってきた。

 

「一緒にがんばろう。ニッパチ。」

小声で段ボールにささやいた

 

帰宅したのが

2016年11月7日の午前4時ごろ。

 

 

家に帰って五分後…

 

 

img_5562

早速僕のカーペットが犠牲になった。

 

い、一緒に

が、頑張ろうな、ニッパチ!!!汗

 

 

 


 

今回は僕とニッパチの出逢いの話でした。

ではまた!

 

今日も読んでいただきありがとうございます!

コイツ↓をクリックしてブログランキングにご協力お願いします   ↑クリック!
にほんブログ村
現在ランキング56位→29位!!

みんなの毎日の楽しみになるために

 

ad3

-愛猫ニッパチ日記
-