アウトドアの豆知識

1年間のテント生活経験談!テントで寝ていて危なかった&辛かったことを紹介!

 

どーも!

正道(@sunobobaka204)です!

 

以前達成した自転車日本一周。

その1年中テント生活をしていた僕は、もはやテント生活のプロと呼んでもいいだろう!?笑

 

テント生活は自然と1つになれる最高なアウトドアであると同時に

辛いことや危険なこともたくさんある過酷なアウトドアなのだ!

 

今回は!

僕が1年間テント生活してきた中で辛かったこと、危険だったことを紹介したい!!

 

スポンサーリンク

テント生活

 

僕がテント生活したことあるのは、日本47都道府県、台湾、ニュージーランド。

 

テント生活とは、ありとあらゆる場所にテントを張って生活する。

キャンプ場だけでなく、川沿いや公園、建物の廃ビルや海のそばも寝床にする。

 

(テントを張る場所についてはコチラ↓を参考にして欲しい!)

日本で野宿するには?テント張れる場所~快適さランキング~

 

家の中で寝るだけじゃ味わえないような経験がそこには待っている!

 

テント生活で辛かった&危険だったこと

 

では、実際に僕の身に起こった辛かった体験を紹介しよう!!!

 

気温

1年中生活していたので、夏の暑い熱帯夜も過ごして、雪が降る冬の極寒の中も生活した。

 

夏はとにかく暑い。

テントの中で寝袋はまずいらない。なんなら服もいらない。

周りから丸見えだが、テントを網戸モードにして風を中に入れていました。

 

普通の夜も暑いが、一番暑いのは、雨上がりの熱帯夜。

これはもう地獄。

確か栃木県宇都宮市で餃子を食べた後の夜だったが、ものすごい蒸し暑さに上下裸で寝た。

汗を滝のようにかきながら寝るのは本当に辛かった。。。

 

寒いのは正直日本レベルでは大丈夫。

厚着すればいいから。

寒い時は寝袋を貫通して足のつま先の方から寒くなるんだよね。。

 

ヤンキー&バイク

兵庫県の城崎温泉の近く、ニュージーランドでバイクやヤンキーに絡まれました。

ホンマに怖い。

いきなりバイクのライトを四方八方から照らされた経験あります?

 

いきなりブルーノマーズ↓みたいな外人5人に英語でカツアゲされたことあります?

url

 

1人で、しかも防御力0のテントでそんなこと起きたらめっちゃ辛いんですよ。

 

幽霊

鳥取県の大山近くの山や、岐阜県の養老の滝周辺の公園で、マジで怖かった経験しました。

 

書くとめちゃくちゃ長くなるので書きませんが、もう本当に怖かったです。

特に鳥取県の烏天狗様の事件は本当に今でも怖い。

 

夜、外で、1人で、誰もいないど田舎で、幽霊感じるのめっちゃ辛いです。

 

 

起きたらテントを照らす光の陰に、長細い物体が見える時あるんですよね。

あ、これ、芋虫だ。。。。

みたいな。

目が覚めたら天井にめっちゃ芋虫がいる時あるんです。

しかもデカイやつ。

どうします?外でれます?

僕は無理ですよ。虫嫌いなんで。

中から叩いて弾き落とすのも怖いですよ。

最悪の目覚め。

 

 

急な雨

星が綺麗な気持ちの良い夜。

テントを張って心地の良い孤独を感じて、自然を感じながら気持ちよく寝る。

 

そんな夜に、スコール来るんですよ。

 

雨音で目が覚めます。

「あ、雨だ。。。」

でも眠いからそのまま寝ます。

まぁ少量の雨なら防いでくれますから。

 

しかし、ずっと降っていたら?

朝起きてずっと降っていたら、もうテントから出るのめっちゃ憂鬱です。

朝から水ぶっかけられた気分です。辛い。

 

ここは海

友達の話です。

海沿いで気持ちよく寝ていた彼は、外から聞こえる声で目を覚まします。

実はその場所は、満水時に沈没する場所だったんですね。

 

あのまま寝ていたら・・・

ぞっとする話です。

 

 

テント生活は素晴らしい

 

ここまでめちゃくちゃ嫌な部分を書きましたが、テント生活は本当に素晴らしい!

日常では味わえない感動が待ってます。

 

外とつながる、自然と1つになるあの感覚は、定期的に感じたい。

 

ぜひ騙されたと思って、テントで生活してみてください!笑

 


 

これからテント生活する予定がある人は、この記事が参考になればと思います!

今回は、テント生活で危なかった、辛かったことでした!

ではまた!

 

 

 

ad3

-アウトドアの豆知識