台湾一周

[第23話]自分の命を他人に委ねるな

 

どーも!

正道(@sunobobaka204)です!

 

体調が回復してきました٩( ᐛ )و

あれ?大した事ないぞ!?!?

 

スポンサーリンク

起きたら血が

 

昨晩は寝てる最中咳が止まらない夢を見ました( ^ω^ )

現実でも止まらないのに。笑

 

だからなのか、起きたら喉が痛くなってた。

今回の風邪?の咳は、喉の痛みは全くなしにめっちゃ出るんですよね〜。謎。

 

デング熱かも!?と昨日は思ったんですが、デング熱だったら、2回目のデング熱は出血して死に至る可能性があるそうです。

 

こっわ!!!!

そんな事ある!?!?普通耐性つくんじゃないの!?!?

スズメバチ的な!?!?

 

いやー恐ろしい。。。。。

 

眠たい目をこすって起き上がると

 

ピチャッ…

 

ん????

 

血だ!?!?!?

 

(デング熱…二回目…出血!?!!?死!?!?!?!?)

 

いやちょっと待って。

 

鼻血やん。

 

 

焦ったーーー。

鼻血かーーー。

 

って、鼻血でも良くないわ!!!!!

ゲストハウスのシーツ!!!!赤い!!!!枕!!!!赤い!!!!!

 

止めるティッシュが近くにないのでタオルで鼻血を止める。

 

てか起きたの11時ね。体調悪いし寝たほうがいいけど。せっかく台湾に来とるのになぁ。

 

熱はまだありそうで、咳も止まらない。咳のしすぎで喉を痛めて来た感じ。

ウーーーン。

 

まだ完全じゃないなぁ。

 

大下に相談。

大下「もう二泊しようや」

という事でフロントの日本語できる台湾人のお姉さん(タイプ)に二泊追加と鼻血のついたシーツを渡す。

 

ちなみに帰国の日が近い。

帰国の日は18日。

17日の最後の一泊は野宿だ。

もともと宿なんてとることを考えていなかった。体調悪いから宿だけど。

 

対照的

 

さて、残りの限られた日数を最大限楽しむためにも今日も休養して一刻でも早く治す!

ベッドに向かう。

もうね。

心が叫びたがってるんだ。体が休みたがってるんだ。

 

僕らに割り当てられた部屋は二段ベッドが8つある。

ちなみに二段ベッドで大下が上、俺が下

この部屋に他のお客さんはいない。体調が悪いから隔離されてんのかな( ´∀`)汗

 

しかし大下はもうすでに治ったみたいで、上のベッドから

「ハァアァアァッァアア!!!!!!!」

と叫びながら荒ぶっている。

大下「力が・・・・みなぎる!!!!!」

 

どうやら完全回復したようだ。

(注)これらのセリフは全て本当に口に出して言っているセリフです

 

大下は俺とは症状が違う?みたいだったしな。それにしても回復早いな。

 

完全回復して力が余ってるとか、漲るとか、復活したラスボスのようなセリフを何度も言ってました。

僕は冷えピタつけて寝ます。笑

 

西門

 

さて、夕方にもなってくると体力が回復して来た。

あとは咳だけだ。

あれ?デング熱じゃなかったんかな?

あ、病院行くの忘れてた。

 

大下は相変わらずうるさい。

上から「ドドドドドド!!!」とパンチの音が聞こえるし、二段ベッドからはいつも飛び降りている。

さらに「走りに行こう」と言い出す始末。

 

いや、走りたいけど。咳でるし。笑

 

しかし体調も良くなって来たのでさすがに少し動きたい。

 

ということで、近くの西門という場所に歩いてやって来た

 

お洒落。

 

 

ランタンが机に一つずつ置かれていて写真撮りたくなった( ´∀`)

 

綺麗

 

 

どこを写真撮っても綺麗だなぁ( ´∀`)

 

 

 

台湾あるある「街の歩道は全部商店街」

街中の歩道は全部こんな感じ。マジで。

 

 

西門の駅前

 

街の中へ突入。

 

長いソフトクリーム発見

もはや剣じゃん。。。

 

 

台湾の渋谷とか言われていて、夜は賑わっている。

聞いた話だが、ここでは家出娘や、日本人長期留学生や、現地の台湾人女性による援交が行われているそう。

気に入られると女性側から声をかけて来て話を持ちかけてくる。

僕が言われたのは、1時間4000元(14000円くらい)で私のホテルにおいで。みたいな感じ。スタイル抜群で顔も可愛い。

そんな金ないので行かないけど。

 

中には、通い妻みたいなスタイルで週2回とか自分のところにきて月々給料を払うやり方もあるとか。

まるで最近ブームになってたドラマの「逃げ恥」みたいなシステム。ちょっと違うか。

 

日本人男性で台湾に単身赴任してたり長期出張の男たちが利用(・・・って言い方も変だな。)お互いにいい関係を結んでいるんだとか。

 

 

さて、今日はここにご飯を食べに来ました。

ここです!!!!!

 

ここでは、カツオベースのスープにモツとパクチーが入っている麺が有名!!!!

 

早速食べてみました!!

こちら!

うまそーーー!

てか麺なのに箸がない。スプーンで食べろってことみたい。

でも麺も短くて細いのでスプーンで食べれました。

おいしかった!けど大きくなくてよかったかな( ^ω^ )

 

 

こちらのお店も有名だけどお腹が減ってないので行きませんでした。

 

 

さっきのが塩っ気の味だったので、甘いものを口に入れたい。。。。。

 

ということでタピオカミルクティー。

うまかった。

 

帰って来て今です。

体調。咳以外良くなりました( ^ω^ )

明日からは・・・・・動く!!!

 


 

今日の使用金額:300元(宿代560元)

今日の到達地点:台北

今日の質問コーナー:質問なしです!!!!

今日の学び:台湾人は生活保護がない?のか、道端には頭を床に擦り付けて腕と器を差し出している人たちが多い。(物乞い。お金を欲している人たち。)

やっているのは年配の人がほとんど、男女関係ない。おばあちゃんも冷たい風が吹く中洗面バケツを持って立っている。

なんだかなぁ。最初見て感じたのは「何やってんだよ」だった。腹が立ったんかも。「頭こすって金をせびる前にすることあるでしょ」「自分は何も与えないのに相手に求めるのか」という思いがこみ上げた。

でも、頭をこする以外にどうしていいのかわからないのかも。それか頭をこするのが楽からなのか。・・・両方かな。

彼らは、明日生きることができるかわからないのかもしれない。でも、何も考えず、努力せず、ただ相手に自分の命を委ねるだけならば、死んでいるのと同じではないか。そんな彼らにお金を落とす気が全く起きなかった。俺は薄情なやつなのか。

これが違う国で、相手が小さな子供だったら違うことを考えたんかな。いや、同じこと考えそうだな。会ってみるまでわからんけど。

とにかく僕の中では、海外旅行に行って貧しい人たちを見た人が言う「かわいそう」「何もしてあげられないのが悲しい」とかいった感情は全く生まれなかった。

 


 

 

読んでいただきありがとうございます!

下のランキングボタンをクリックお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ   ↑コイツ

にほんブログ村

現在ランキング2位!

 

 

ad3

-台湾一周