アウトドアの豆知識 日本一周

自転車日本一周!何を考えながら走っていたか。

bykst / Pixabay

 

 

どーも!

正道(@sunobobaka204)です!

 

先ほど、たまたまツイッターで

「自転車乗りは自転車に乗ってる時何を考えているのか」

「登山者は何を考えながら登るのか」

という言葉があったので

 

2015年の1年間、毎日60〜160㎞自転車で走行して日本一周をしていたので

これはお答えしよう!

と思い記事を書いてます。

 

今回は

自転車日本一周中、毎日何を思いながら走行していたのか

について書きます!

 

 

スポンサーリンク

自転車旅

 

 

ヒッチハイク、車、バイク・・

自転車旅はどれとも違う異質なもの。

 

自分の体力をガソリンに進んでいく。

風は汗を乾かし、苦しくても進むしかない。

 

 

自転車旅はどの旅とも違い、1日の移動の時は常にしんどい。

ずっと足を回して重たい荷物を運びながら進んでいくのだから。

 

常に走りながら旅をしているほどではないが、体に負荷をかけながら進む。

 

毎日6時間以上は走っていただろう。

 

その間僕は何を考えていただろうか。

 

何を考えているのか

snicky2290 / Pixabay

 

自転車に置いて、やはり体力が関係してくるので

移動の最中も前半と後半で違う。笑

それを説明していきます。

 

前半

自転車で走行中、最初は体力も余裕があり頭も動きます。

 

この時期は本当にいろんなことを考えます。

常に自分と対話している感じです。

 

「俺ってどういう人間なんだろう?」

「なにができるんだろう?」

「今、僕にお金をくれた人はなぜお金をくれたんだろう?」

 

というように、考えが尽きない。マジで。

 

考えが浮かんでは、汗と一緒に流れていく。

浮かんでは消え、浮かんでは消えの繰り返し。

走行中浮かんだ考えはまず解決しない。

 

しかし、そういう生活を続けていると、何回も同じ考えが浮かぶ。

昨日考えて結論出ずに流れたモノが、また浮かんでくる。

 

その繰り返しで、いつかふっと答えが出てくる。

 

そんな毎日でした。

 

自転車旅の移動中は、そういった普段考えないことがどんどん浮かんできました。

自分を見つめ直すいい時間です。

 

後半

 

自転車で走行中、ある程度時間が過ぎると

今度は体力が追い込まれます。

 

だんだんとランナーズハイのようになって、足は以上に軽く、機械のように進み続ける。

この時はです。笑

 

何も考えれません。

 

しかし、ランナーズハイにならない場合もあります。

その時はただしんどい。笑

 

「なんか今日全然進めん・・・」

「目的地まであと・・何キロ・・」

みたいになって

追い込まれ素の自分が出てくる感じですね。

 

 

自転車旅で気の許せるやつと旅に出たら絶対喧嘩します。僕なんか毎日のように喧嘩しました。笑

お互い素が出るので、その素が合わないと大惨事。笑

 

自分と会話

geralt / Pixabay

 

まとめると、

自転車の走行中は自分との対話です。

 

とにかく自問自答の連続。

あれほど自問自答する時期は本当にない。一種の修行のような気もします。笑

口で出すとちょっぴり恥ずかしいものも多数。笑

 


 

自転車旅の走行中は僕の場合、自問自答でした!

人によって走行中何を考えているのか違いがあるのかな?

なんかそれも聞いて回ると面白そうですね!笑

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

ad3

-アウトドアの豆知識, 日本一周